ヨシ電ブログ

ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリックをお願いします。
カレンダー
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
栃木県さくら市の工業会社です。
レーザー加工と溶接で
顧客満足度を満たします

ヨシ電おすすめサイト
ヨシ電子のHPです。
栃木プロジェクトプロ
社長ブログです。
このサイト内の検索
ご来訪ありがとうございます。
その他
<< また、必ず会おうと誰もが言った | main | 宇都宮大学生との交流 >>
商人になるぞ
JUGEMテーマ:日記・一般

お楽しみ様です。ヨシ電ブログです。

また引き続き、本のお話です。

斎藤一人さんのお弟子さんで尾形幸弘さんの本です。

わたしのそばに商人がいます。社長でもある父です。
社長というより商人という言葉にぴったりな性格です。

いつもどうやったら儲かるか?ということを考えています。
わたしの中で儲かるという言葉に悪を感じていて、受け入れられなかったです。



しかし、斎藤一人さんの本を読んでいるうちに儲けるということは悪ではなく、楽しむことであると学びました。
自分の中で儲けるからえらいとか強いとか変なイメージをもっていました。
さらに会社の調子がいいとまわりから非難の声があがったり、なぜ、ヨシさんのところだけ仕事が集まるんだと?不公平だという言葉も耳にしました。

言われたときは、少し寂しい気持ちになりました。
成長している人、会社、一緒に褒め称える素直さが絶対に必要です。

負けてたまるものか!と攻めること以上にもっと簡単に成長し、成功を感じることは、相手を認めて、褒めること。
その瞬間、成功者のグループに入れると思います。

社員さんが仕事を尽くしてくれたことがさらに仕事に磨きをかけているので、お客様も喜んでくれている。
そして、困難な仕事を楽しんでいることが一番のポイントだと感じます。

この本を読んで自分の中にも商人の血が流れているんだなと感じました。
どんな仕事でも商人の力は発揮できるし、視点が利くと感じました。

人気ブログランキングへ



| yoshidenshi | 心の成長 | comments(0) | trackbacks(0) |









url: http://blog.yoshidenshi.co.jp/trackback/1093184